FC2ブログ
今シーズンもすでに色々な花火大会が開催せれていますね。
打ち上げ花火は普通に撮ろうと思っても綺麗に取れなくて悩んでる方もいらっしゃるかと思いますが、基本的な設定って大体同じなんです!
花火撮影の基本を知ってしまえば綺麗な写真が量産できる!その術をお教えします。

撮影に必要なもの

カメラ

当然ですがカメラが必要!1眼レフやミラーレス機はもちろんのこと、マニュアル設定が可能なコンデジでもOK。

三脚

三脚は超重要。基本的に花火撮影は三脚が必須と行っていいでしょう。でっかい三脚ではなくても、きちんとカメラを固定できるのであれば小さな三脚でも大丈夫かと。


レリーズ

レリーズとは、カメラの有線リモコンのようなものです。
まぁ三脚があればなんとかなるかもしれませんが、レリーズがあるとかなり便利でしょう。
純正品なら¥3,000程度、互換品であれば¥1,000~2,000くらいで手に入るでしょう。
私は↓を使ってます。購入する際には自分のカメラに挿せるか確認しましょう。


ライト

手元を照らせるライトがあれば便利、ですがiPhoneの懐中電灯とかでどうにでもなります。

広角のレンズ

筆者はキットレンズの18-55mmで頑張ってます。が、撮影地や花火の規模によっては 友人が持ってる広角端11mmのレンズがすごい便利そうなので、お金が余っていれば購入してもいいのではないでしょうか。



事前の準備

場所取り

花火大会は混みます!花火の規模にもよりますが、私はお昼くらいから待機することも。ついでに友人を呼ぶと感謝されますよ ^∇^o)ノ
また、三脚は周りの人の迷惑にならないように自分の頭よりも高くは立てないようにしましょう。

カメラの設定

バルブモードを利用します。(バルブモードがなければ、マニュアルのシャッター速度をおっそくするとバルブが現れます。Canonのkissとか、SONYのαとか)
バルブとは、シャッターボタンを押している間、シャッターを開け続ける、ということです。

露出設定

シャッター速度はバルブ、ISOは100、が基本! 絞りは、最初はf/10くらいに設定しておいて、撮影しながら明るさをみて変えましょう。シャッター速度は花火の明るさには関係ありません(背景の明るはには関係ある) 花火写真の明るさは絞りで決定します。
あと、ホワイトバランスはお好みでいいと思いますが、RAWで撮っておくと便利です後から任意で色を変えられます。

画角の決定

事前に花火の大きさを予想して、映す範囲を決めておくと無難です。
開始時間の前に空砲が上がることがありますが、それよりも大きな花火が上がることがほとんどなので注意しましょう。
河川敷など打ち上げ場所から近い場所だと、縦構図でないと入らない時も。
参考までに、一般的に10号玉は330m上がり、半径160mほどに広がるとされています。

ピント

打ち上がった花火にピントを合わせるのはむずかしいです。なので、事前にMF(マニュアルフォーカス)で遠くのビルなどにピントを合わせておくと良いでしょう。打ち上げ用の船などが見えていれば、それらに合わせれば問題ないと思います。
また、これは花火に限った話ではないですが、三脚を使うときは手ぶれ補正を切っておきましょう。意外と忘れがちです...

花火大会開始!

花火が始まったら、慌てずに撮影しましょう。規模が小さいものでも30分ほどは打ち上げるので、最初の5分くらいは画角の調整に割いても問題ないでしょう。また、最初っからトリミングするつもりで広めに撮ったほうが無難です。
最初の数枚は、白トビしてないかやピントがあっているかなどを確認すると良いでしょう。

あとはひたすらシャッターを切りましょう。"ドンッ"となった瞬間にシャッターを開け、花火が開き切ったくらいで閉じるといいかな?って思いますが、ここは正直好き好きです。色々試してみましょう。
シャッターを長く開けて複数の花火をいれるのも良いと思います。ただ白トビに注意。

作例の紹介

こないだ行った熊谷花火大会の写真です!まだフォトショップなどを使う前の、"撮ったままの写真"です。左下は複数の花火を入れてみました。なんと人生2回目の花火撮影です!(笑)

〘 Canon EOS kiss X7i + EF-S 18-55mm f/3.5-5.6 IS STM 焦点距離全て18mm 〙
左上:〘 f/14 SS14秒 ISO100 〙 右上:〘 f/18 SS10秒 ISO100 〙 左下:〘 f/18 SS10秒 ISO100 〙

派手な花火写真にしよう!

これらの撮った花火写真を合成して、もっと派手にすることもできます!
私はフォトショップでやりましたが、無料のソフトもいくつかあるようなので、試してみてはいかがでしょうか。
合成については後ほど記事で詳しく説明します!


色々と説明はしましたが、結局は練習が一番!練習すればスグに撮れるようになると思うので、挑戦してみてください!

コメント

非公開コメント
About
おっすTOMYだ。ここではApple製品の情報やレビュー、任天堂のゲームのレビューを中心にやってく、、、つもりだったけど 結局適当にゆるゆるやってくことにしたよ。ゆっくりしていってね

MacBook Pro Retina '13 Early 2015
EOS kiss X7i / EF-S 18-55 STM
EF-S 55-250 STM / EF 50mm f/1.8 ii

twitter : @tomy_gegangen
instagram : @tomy_gegangen
flickr : tomy_gegangen
SWITCH:1072-6120-6360
Skype:tomy_gegangen

Twitter
ブログに全然関係ないプライベートな部分も多いですが、気軽にフォローしてくださると幸いです。 記事を書くほどでもない細かいレビューなどはTwitterですることもあります。
Counter
Vogue
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。