写真はクリックすると拡大します。← → キーで移動、escキーで閉じることができます。

全体的には、
羽田 → 福岡(1泊) → 熊本(1泊) → 佐賀(5泊) → 岡山 → (列車泊) → 東京

といた流れだ。


10日、羽田を出たのが遅かったので 福岡に着いたのは夕方。宿に行ってその日は終わり。

11日、用事を済ませた後、、お昼ご飯(¥290のラーメン)を食べて 熊本に移動。ラーメンはいたって普通の博多。すっきりした豚骨の味だった。

その後 新幹線で熊本に移動するのだが、ネット予約を使うことで 博多→熊本 の交通費を¥2350に抑えられた。乗った新幹線は壁に金箔が貼ってあって、豪華だった。

熊本到着後は、友人の家族の車で 先の震災で大きな被害を受けた益城町と熊本城を見させてもらった。益城町は まだあまり復興が進んでいないようで、倒壊した建物や傾いた建物がそのまま残されていた他、道がとてもデコボコしていた。熊本城は 石垣が崩れていたり 瓦が落ちていたりして 衝撃的だった。私が以前 暮らしていたあたりは 被害が少なかったようだった。
今回は、以前 会社寮で同じ寮だった2家族と一緒にホテルに宿泊。僕は 小学2年生と小学5年生の男の子と同じ部屋だった。
12日、この日は佐賀に移動するのだが、午前中の予定は特になかったので、一緒に泊まった2家族と一緒に矢谷渓谷に行った。涼しかった。 昼ごはんには 山女魚をいただいた。

この後は熊本駅から普通列車で佐賀まで移動した。
佐賀には8/12日から8/17まで滞在した。この間に、うなぎを食べに行ったり 花火をしたり お盆を迎えたりと、のびのびと 暮らしてた

17日、帰京の日です。本来なら佐賀空港から飛行機で帰るはずだが、私だけチケットが取れなかった。
新幹線で帰るのも一つの選択肢だが、せっかくなら 寝台で帰ろうと思ったので、岡山を観光した後に岡山から寝台で帰ることにした。(新幹線より安いしね)
岡山に行くために、まずは博多へ移動。最初に乗った特急がすごい混んでたので 後続の特急に乗り換えたら すごい空いてて快適だった
博多からは新幹線で移動、岡山に着いたのは午後6時半くらいだった。

岡山駅からは路面電車で移動。車両の床とホームに段差や隙間がなく、すごい快適に乗降できた。
夜ご飯は とりそば と鶏飯。とりそばの残り汁を鶏飯にかけて食べた。おいしかった。
その後 岡山城まで歩いて移動した。

岡山城を見て回った。天守閣は 熊本のそれとは違って コンクリート製で エレベーターも完備されていた。中は 岡山の歴史に関する展示や焼き物の手作り体験などがあった。
天守閣の最上階からは岡山市内が見渡せるらしいが、残念ながら暗くて何にもわかんなかった、、、
他に、白の入り口付近の石垣と天守閣の下の石垣の積み方が異なっていた。石垣を建築した時の城主が異なっていたからかな?


その後は後楽園に移動。夏の期間中は21時半まで開園している。
後楽園はライトアップされててきれいだった。あ〜 いいカメラが欲しい。
端の方でビアガーデンをやっていたので、余った時間はそこで潰した。(実際 金属製のテーブルが冷たくて気持ち良かったから そこから離れられなかった)

その後、岡山駅に戻って、寝台特急サンライズ号で東京に帰京した。

コメント

非公開コメント

About author : TOMY

おっすTOMYだ。ここではApple製品の情報やレビュー、任天堂のゲームのレビューを中心にやってく、、、つもりだったけど 結局適当にゆるゆるやってくことにしたよ。ゆっくりしていってね

使用機材:
MacBook Pro Retina 13-inch Early 2015 @2.7GHz
iPad mini 3
iPod nano 7th Generation
iPod touch 4th Generation
Canon EOS kiss X7i
↑についてきたキットレンズ2本

過去にやったことがあるゼルダ
初代(Level8まで)
神トラ(闇の神殿まで)
夢しま(クリア)
時オカ(クリア)
ムジュラ(お面コンプ)
木の実(クリア)
風タク(クリア)
トワプリ(クリア)
夢幻(クリア)
スカウォ(完全コンプ)
ブレワイ(祠コンプ)

twitter : @tomy_gegangen
instagram : @tomy_gegangen
facebook : facebook.com/rinninblog

カウンター

Twitter

ブログに全然関係ないプライベートな部分も多いですが、気軽にフォローしてくださると幸いです。 記事を書くほどでもない細かいレビューなどはTwitterですることもあります。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。